鍼灸師の国家試験に合格しました!


どうも、ごぶさたしてます。

さまんさです。

今年の2月25日、第26回はり師国家試験・きゅう師国家試験があり、先日合格発表がありました。

無事合格しておりました。わーい。

はり師は57,7%、きゅう師は62,5%と例年よりも大幅に合格率が下がっていたので、無事合格できてよかったなぁと思ってます。

◾︎◾︎◾︎

入学受験時は2歳、国試受験時は5歳の娘がいて、家族に協力してもらえないと無理やなあというチャレンジでした。

この春から年長だから、小学校に入る準備とかいろいろ忙しそうやしー(せまりくる現実)。

まぁ、そんなプレッシャーもありつつ、心の底から1日でも早く鍼灸の仕事がしたい!と思って勉強を重ねてこられたので、満足のいく3年間の学生生活でした。

家族と先生方、クラスメイトに感謝です。

◾︎◾︎◾︎

整体のサロンをはじめて4年経ったころ、医療従事者としてお客様の身体を診たいなあという思いがムクムク。

その間にピラティスの資格を取ったりはしてたんですが。

不妊や偏頭痛、胃の不調など、整体ではなかなか治らない、また治せない症状も診られるようになりたくなっちゃったんですよね。わはは。

学校に行くまでは、はりやお灸を受けたことのない方がとても多い日本で、この資格を取る意味ってあるのかなぁって疑問に思うこともあったのですが。

勉強していくにつれ、やっぱり薬や対処療法でごまかさない、体質そのものの見直しをしてゆく鍼灸という治療法は、サロンに来られるお客様にとって必要なものなのではないかと思ったのです。

あと、ピラティスを指導していても、この辺りの変な緊張感を取ってあげたいなあと思うことがよくあるのですが、それも鍼灸だとフワッと取れたりします。

鍼灸治療は、おれが続けてきた仕事の「もうあと一息迫ることができたらな」って感じる、お客様の微妙なポイントに手が届く武器になってくれるはず。

今後、鍼灸治療と整体の効果の違いや、ピラティスにも活かせるシーンなど、いろんな場面に出会えると思うので、そのあたりをブログで書いていきたいです。

◾︎◾︎◾︎

今は免許の申請中です。

これが受付され次第、今までの仕事に加え、鍼灸のメニューも増やしていくので、決まり次第お伝えいたします。

今後もどうぞよろしくお願いします。

新名悟子